【お知らせ】記事の選定に戸惑っていますが頑張ります

簡単!見やすい!わかりやすい!我が家の育児記録

育児日記ってみなさん、何を使っていますか?

アプリですか?ノートですか?

可愛いもの、シンプルなもの、キャラクターがついているものなど色々ありますよね。

値段もだいたい1000円~2000円以内に買えたりしてお財布にもいい!

しかし、病気をもった子どもが使うとなると「必要な情報を記入したいのに記入するところがない」、「この項目があれば使いやすいのに」、「いちいち手書きで項目を追加するのが面倒」などでてきます。

実際我が家がそうでした。

パパはパソコンが得意中の得意!そういうことでパパに育児記録の用紙を作ってもらいました。

実際我が家で使っているもの

我が家でパパがExcelで作ってくれた用紙です。

娘が生まれて退院して我が家にきてからずっと使っています。最初の頃の育児日記の用紙はこれです。

現在のように細かく項目はありません。

月齢にあわせて必要な情報が記入できるようにその都度、自分たちが使いやすいようにパパに変更してもらっています。

記入し終わった用紙はファイリングし、なおかつOneDriveにアップロードしています。



用紙にするメリット、デメリットは?

メリット

  • 低コスト
  • 自分のすきなようにデザイン・手直しができる。
  • 必要な情報が一目でわかる

デメリット

  • インク代、用紙代がかかる。
  • 項目がたくさんで1日のトータル量を計算するのが面倒
  • 初めて作るときのレイアウトに悩む
  • 入院した時の持ち運びが大変、入院中の記録が書けない

などがあげられます。

慣れるまでは大変だと感じていましたが、今となってはパパに感謝しています。

パパがパソコン得意でよかった~w

デメリットの最後の項目ですが、入院中も記入しないといけないため持ち歩けないのは正直不便さを感じています。

ですが、娘の病院は用紙があり入院中記録していた用紙を退院時持って帰ってもいいと言っていました。

なので用紙がないところだときついかもしれません。

 

我が家の用紙の詳細について

それでは画像の項目について詳しく書いていきます。

①日付

西暦から曜日まで記入していきます。ファイリングしているのであとで見返すときに西暦がないとわかりません。

②衣類の重さ

以前までは体重測定を毎日していましたが最近は火木土の週三回測定しています。

本当なら入浴前に全裸で測るのが一番正確かもしれませんが・・・(病院でもそうです)

我が家では入浴後、服を着たまま測るのでパジャマ、オムツ、靴下など全部の衣類を先に測っています。

そして体重を測りそこから衣類分の重さを引いています。

③オムツ、おしりふき、ビニール袋の重さ

毎日オムツ交換に必要な物品の重さを記入しています。

以前、水分制限があったので排泄量もチェックしていました。

現在は先生からの指示はありませんが、自己満でそのままやっています。

便の時に使った枚数×おしりふき一枚の重さで計算し記録しています。

使った枚数、忘れがちですw

④哺乳瓶、食器の重さ

現在、哺乳瓶を使わず、フォローアップミルクを飲んでいるので哺乳瓶の重さは実際必要ありませんが参考までに記載しています。

離乳食に使う食器は前もって重さを測っているともし残してもどのくらい食べたのか知ることができます。

娘は好きなものしか完食しないのでほとんど測っている状態ですw

計算しているとママの頭の中がごちゃごちゃになってしまい、最終的にはパパにお願いしていますw

⑤尿、便の記号

ここが水分管理しているお子様にとって大事なポイントになってきます。

排泄したあとのオムツの量を測って記載していきます。

以前は〇とか◎とか手書きで書いていましたがより簡単にパパにチェックボックスを作ってもらいました。

ん~、楽ですw尿か便かなのでいちいち書いているの面倒ですよね。

⑥表

時間・食事・オムツ・オムツ累計・体温/Spo2の項目があります。

この項目の通りに記入していくだけです。簡単ですよね。

例えば昼までに食事はどのくらいとっているのか一目でわかります。

やっぱりママも歳をとってきているので朝食はなにを食べたのかとか忘れてしまうんですよねw

覚書とかに活用してもいいと思います。

⑦オムツ累計

排泄したあとはオムツの重さを測るのは前述にもありますがただ測って記載するで終わらず、累計として記載しておいています。

そうすることで水分とのバランスを一目でわかります。いつもと様子がちがうときなど参考にできます。

⑧体温/Spo2

娘は在宅酸素でSpO2の管理をしているので、今何ℓの酸素がいっていてSpO2の値はどうかなど見ていく必要があります。

この項目があると意識づけにもなります。忘れっぽいママにもありがたいですw

⑨1日の合計

上記で記載してきたことを合計したのがここの欄です。

1日の合計の他に見切れていますがが受診した内容、予防接種、その他もあります。(一番初めの画像をご覧ください)

現在、月1の受診になっていて毎月同じ検査していますがここを記載しておくと後で読み返したとき便利です。

そして月末にOneDriveのExcelの表(パパ作)に入力して管理しています。

用紙があるのにわざわざパソコンに入れるの!?と思った方もいると思います。その理由は分析していくためです。

ママもパパに言ったことがあります。二度手間と・・・。パソコンが得意でないママからすると疑問に思いました。

しかし、分析していくためにはパソコンのほうが効率がいいそうです。



最後に

我が家の育児日記いかがでしたか?病気を持ったお子様にあう育児ノートは探すのは大変ですよね。

実際我が家もそうでした。なら自分たちで作成しようと思い、今に至ります。

ちなみにこのようなアプリもあります。

育児記録 - ぴよログ

育児記録 – ぴよログ

Sakabou Inc.無料posted withアプリーチ

 

一時期利用していましたがやはり使い勝手がいまいちでした。

最初はどういうレイアウトで作ったらいいのか悩んでいましたが実際自分たちが子どもの観察しないといけない項目をあげていったら簡単にできました。

そこからは繰り返し更新していくだけです。

低コストなので節約しているママパパにもおすすめです。

毎日記載する育児日記、自分たちだけの使いやすい育児日記にしてみてください。

みなさんの参考になればいいなとおもいます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です