【お知らせ】諸事情によりもう少し更新をお休みします

一大事!!娘の便秘!!

みなさんの子どもの排便状況はいかがですか?

毎日スッキリですか?また何日もでていませんか?

我が娘は便秘です。それも1歳にしては結構重いほうの便秘だとおもわれます。

同じ悩みを持っているママパパの参考になるように我が娘の排便状況からの問題点、対応策について書いていきたいと思います。

便秘とは

そもそも便秘って一体どのような状態のことをいうのか?

便秘は大腸内の便の通過が遅くなったり、長い時間、腸内に便がとどまるなど順調に排便が行われない状態のことをいいます。

3日程度排便がなければ便秘と思っていいと思います。また、毎日排便があっても量が少なかったり、硬くて順調に排泄ができない、スッキリでないなどあれば便秘といえます。

小児は2~3日以上排便がない状態のことをいいます。

便秘だと体調不良になったり精神的にもストレスになってしまうのでなるべくなら便秘になりたくないですよね。



我が娘の排便状況

では、実際我が娘はどうなのか書いていきます。

  • 1日起きの排便
  • 形状はまちまち(ほとんどバナナぐらいの太さ)
  • 排便時、必ず切れて出血
  • 30分以上のりきみ
  • 排便時痛みで泣く
2日でないと泣き叫ぶことが多いです。

踏ん張る時間も長いので泣く+りきみでチアノーゼになり酸素を使って排便したことも多々あります。

踏ん張ることで心臓にも負担がかかるし、汗を流しながら泣き叫んでいる状態をみると本当に可哀想でこういう状態になる前になんとかしないといけないと思い、色々な方法を試してみました。

実際に行ったこと

我が家で実際に以下のことを行いました。

  • 下剤(ピコスルファートナトリウム内用液)病院処方
  • 浣腸(グリセリン浣腸)病院処方
  • 乳製品の摂取(牛乳、ヨーグルト)
  • お腹のマッサージ
  • 運動
  • 食物繊維の摂取
  • オリゴ糖の摂取

下剤・浣腸

これらは小児循環器で処方してもらっています。

娘が飲んでいる下剤はピコスルファートナトリウムでこれは刺激性下剤に分類されています。

作用として刺激性下剤は大腸の運動を亢進させて便の動きを速めてくれます。

ピコスルファートナトリウムの効果の発現はだいたい7~12時間後になるので排便があった日に飲ませて様子みています。

浣腸は出るであろう日の夜まで様子をみて出なかったらかけていますが、最近は排便コントロールがついたのか浣腸の登場は少なくなっています。

乳製品の摂取

牛乳はパンと一緒に毎朝摂取しています。牛乳は1歳から摂取可能で最初は50mlからスタートしてお腹の調子をみながら徐々に量を増やしていきます。1日の摂取量としては300~400ml目安に飲ませますが我が子は現在1日150mlの一回のみです。

今のところ下痢もなく牛乳を嫌っている様子もないので1日2回300mlにしてみようと思います。

ヨーグルト、娘大好きです!現在プチダノンを2日に一回食べていますがヨーグルトをみせると手をあげて”はぁ~い”と返事をします。

完食するともっと欲しいと泣くので、その時に違うもので気をそらすのに家族は苦労していますw

お腹のマッサージ

正直いうと・・・マッサージなめてましたwパパが便秘にきくというマッサージ方法を検索してくれて実際我が家でもとりいれてみました。

朝は着替えの時、夜は寝る前の2回やっています。

参考にしたサイトがありますが簡単に写真で説明していきます。

こちらのサイトでは動画で紹介しているので一度見たほうが早いかもしれませんw

参考 赤ちゃんの便秘解消に役立つマッサージ赤ちゃん便秘コム
STEP.1
「の」の字マッサージ

手のひらをお腹にあて、「の」の字を書くようにやさしくさすっていきます。左足の付け根の部分をよくマッサージするのが重要です。

大人の方にも効果があるみたいです。


STEP.2
ゆらゆらマッサージ

両手をわき腹にあてて左右に5~10回ゆらゆら揺らします。ガスが溜まったときに効果があるそうです。

これやると娘、目を大きくして不思議な顔をしますw

 

STEP.3
ペダル漕ぎ運動

一度はみなさんやったときがあると思います。仰向けになり、左右の足を膝がお腹につくように足を前後に動かします。

楽しそうに一緒にやってくれます。

STEP.4
おしりゆらゆらマッサージ

左ひざを外側に曲げてかかとをお腹につけおしりのしたに手をあてて5~10回左右にゆらゆらします。

左側が終わったら反対側もゆらゆらします。

STEP.5
お腹周りリラックスマッサージ

片方の手で両足を持ち反対の手をおしりの下にあてやさしくささえてあげます。5~10回左右にゆらゆらします。

娘、これやると笑いますw何がツボなのかわかりませんがw

STEP.5
仕上げのマッサージ

肩から足にかけて5~10回なでてあげます。”マッサージを頑張ったね”など褒めてあげるそうです。

娘に同じことをしましたが無反応wん~、難しいw

でも子どもとのコミュニケーションになっていると感じます。

運動

娘はまだ歩けません。同じくらいの子は歩いたり活発に動きまわっているとおもいます。

そこで娘の運動として我が家では歩行器を使用しています。以前はパパが小さいときのを使用していましたがボロボロになってきたので最近新調しました。自分から乗ると指をさし、乗って色んなところの物を出してはイタズラする毎日です。

大人でもそうですが運動しないと出るものも出ませんよね。

歩行器に乗るようになって少しずつですが習慣的にでるようになってきた気がします。

食物繊維の摂取

娘が便秘になったことがきっかけで食物繊維の摂取を積極的にするようになりました。

今まで関心がなかったといえば変ですがそれよりも鉄分、カルシウムなどをメインに考えていました。

そこでどの食材に食物繊維が含まれているのか調べてみました。

  • 穀類・・・麦めし、とうもろこし
  • 豆類・・・煮豆、納豆
  • 芋類・・・さつまいも、里芋、こんにゃく
  • 野菜・・・ごぼう、ふき、アスパラガス、青菜類、キャベツ、白菜
  • 果物・・・柑橘類、バナナ、うり類
  • キノコ類・・・しいたけ、しめじ、えのき
  • 海藻類・・・わかめ、寒天、ところ天、のり

娘は納豆大好き!納豆ご飯ならたくさんたべられます。他にはのりも大好物です。のりは焼きのりですが一枚ぺろっと食べてしまいます。

便秘の娘、食物繊維が多い食べ物が好きでよかったと本当に思いました。

今後もママはご飯作り頑張ります。

オリゴ糖の摂取

オリゴ糖と他の糖との違いですが、他の糖は胃や小腸で分解吸収されるのに対してオリゴ糖は胃や小腸で分解されず大腸まで届きます

そして大腸内の善玉菌のひとつのビフィズス菌の栄養源になりそこで分解されます。なので腸内細菌のえさとなり腸内環境を整えてくれます。

我が家は他の糖を使うより便秘対策として使えるオリゴ糖を使っています。

前述にもありますが娘には牛乳に入れて飲ませています。牛乳には乳酸菌が入っていませんので効果としてはどうなのかわかりません。

ですがオリゴ糖自体が娘にいい作用をもたらしているみたいです。



最後に

今回我が家での対策方法はあくまで”我が家の対策”ですのでいろいろな意見があると思います。

上記の方法のうち、どれが娘にとって一番効果があるのか、全部が作用していい結果になっているのかわかりませんが最近娘は下剤・浣腸を使わずして排便できています。

自然にコントロールできるようになってくれたらいいかなと思いますが小さいうちはママパパが手助けして苦痛を伴わない排便ができればいいなと思っています。

紹介した方法のいずれかが便秘で悩む子をもつママパパの参考になればいいなと思います。

上記で紹介した方法で誤りがあった場合、アドバイスがありましたらお問い合わせよりご連絡ください。

注意

紹介した方法を試す方は、自己責任でお願いします。

発生した事案に関してはこちらでは一切責任を取りません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です