【お知らせ】ママ参戦中!!

親になって1年!娘も1歳!~我が子の成長記録~

CAUTION
●当記事は先天性心疾患の病気を持つ我が子について書かれています。
●我が子の今までの経過を見たい方はこちらへどうぞ
●当ブログを初めてご覧になった方は必ずこちらを一読ください (少なくとも1番の項目については一読ください)

以前パパが生後4か月の我が子というタイトルで記事をあげていますがそれ以降我が子の成長について記事をあげていないので期間があいてしまいましたが、今回ママが我が子の成長について書いていきたいと思います。

はじめに

我が子は病気があるため、入退院を繰り返したり手術をしたりしていることから入院前にできていたことが退院時にはできなくなったりと1歩進んで3歩下がるということがあります。
大人と同じで長期の入院で筋力がなくなることが原因です。

以前から子供の成長について調べたりとママは月齢を気にしていました。
3月の手術のあとも首が座っていたのに一般病棟に移るとグラングランになって首が他人になっていました。
「ようやく首が座ったのに」「寝返りしても首をあげることができたのに」とママは悲しくなりました。

このときから月齢を気にせず、娘は娘と思うようにしました。
そう思うことで後退してもあまりショックを受けず、また新たにできることが増えると素直に嬉しい気持ちになりました。

健常児の月齢と比べるとちょっと遅れているとは思いますが参考にしてもらえたら嬉しいです。

身体的成長

4ヶ月 1歳
身長 56.0cm 71.2cm
体重 5560g 7100g

成長していますが身長に対して体重があまり増えていません。

今までは6500gを目標に管理するように言われていたためミルクの制限がありました。

もっとたくさん飲みたいと泣く我が子、正直ママもそんな我が子をみて可哀想で泣きそうでした。

9月の外来受診から水分制限もなくなり、飲みたいだけ飲ませてもいいと主治医の先生からいわれ、離乳食も本格的に食べ始めたので今現在の体重になりました。

お座りについて

8月に退院してから猛特訓をして今ようやく支えをなくして5~10分くらい保持できるようになりました。

特訓道具としてエアーチェアやパパが小さい頃使ったゆりかごなどにおもちゃを置き遊びに夢中にさせて座っている時間を長くし腹筋・背筋を鍛えていきました。

最初のうちは座ることに慣れていないこともあり10分座っていればいいほうでしたがおもちゃで気をひいたり、エアーチェアに座ることでお菓子がもらえるとわかったので今では2時間くらい座っていてもへっちゃらです。

これからは一人で長時間座っていれるように頭を保持するクッションがついたリュックを購入しようと考えています。

周囲の人のまね

最近いろいろなことができるようになりました。

以下ができるようになったことです。

  • いただきます、ごちそうさま
  • ないない(お菓子やご飯がなくなったときに使います)
  • バイバイ
  • ほしいものを指をさす
  • テレビや音楽を鑑賞して踊ったり、身体を左右に揺らす
  • パチパチ(拍手)
  • なでなで
  • 「いい顔」というと満面の笑みをする
  • 怒った時机をバンバンと叩く
  • 入浴時、「ゴシゴシ」というと自分でお腹や腕などをゴシゴシする
  • パパママが「あーん」というと自分が食べているお菓子を口にいれてくれる(たまにあげるそぶりをして自分が食べるw)
  • 名前を呼ぶと返事をする
  • 「ごっつんこ」というと頭をすりすりする
  • 周囲が笑っていると一緒になって笑う

1歳になってからの成長がすさまじくはやいです。1日1日覚えることが増えていっています。

今のところ下の前歯が2本、右上の犬歯が1本の計3本生えています。なぜ、上の前歯が生えてこないのか・・・

髪の毛

1歳になってから髪のボリュームが減った気がします。毛と毛の間に隙間があり刈り上げ女子みたいです。

後ろの髪の毛は順調に長くなっていますがまだ結べる長さにはなっていません。

ある程度伸びてきているので頭を左右に動かした後は毛が縮れていますw

感情的な成長

  • ウンチをしているアピール
    生後4か月同様に「う~ん、う~ん」と唸って教えてくれます。
    先日夜中の0時にアピールして大量にだしていましたw
  • 怒っているアピール
    机をバンバンしながら大きな声を出したり、「うー、うー」といいます。
  • あれがほしいよアピール
    対象物を指さして「うー、うー」といいます。
  • 眠い、眠いアピール
    目と鼻のあたりを両手でこする動作をして「う~ん」といいます。
    現在酸素をしているのでカヌラがずれてしまい、目のあたりに酸素が行くことが多々ありますw

最近はおもちゃを使ってひとりで遊べる時間がも増え、テレビがかかるとテレビに夢中になったり生後4か月の時に比べてあまり手がかからずママの時間も作ってくれるようになりました。

相変わらずおもちゃなど身の回りのものを口に持っていきますが、遊び方に変化がでてきました。
前は口にいれることがメインでしたが今はじっとおもちゃをみて少し遊んでから口に入れています。そして遊んだ後はおもちゃBOXに片づけることができるようになりました。

ママとパパの区別もつくようになりました。

「パパは~?」というと布団に隠れているパパを探すようにめくってみたり、パパにもお菓子あげてねというとパパに渡したりします。

その時のパパ、デレデレですw娘が可愛くて仕方ないのですw

最後に

健常児の成長に比べると全然できることが少ないし1日の活動量も違います。

ですが娘だけの成長だけでみるとかなり成長しているとママは思います。
生後4か月から1歳までの間にこんなにできることが増えて本当に嬉しく思っています。

月齢ばかり気にしていたら娘の成長に気づけていなかったかもしれません。

病気を患った子を育てるということはいろいろな覚悟をもって育てていかないといけないと頭ではわかっているつもりでも気持ちがついていかない時が多々あります。

教科書どおりに進んでいけなくて悩むこともこれからたくさんでてくると思います。

ママは同じ心疾患を患った子を持つママたちと入院の付き添いで一緒になります。育児の大変さ、子供の日々の成長、健常児との育児の違いなどを話すことが多くママのメンタル保持になっています。

自分だけではない、ママみんなが子どものために悩んだり頑張っている、そう思うことで前向きに娘と関わることができています。

これからたくさんの壁にぶつかりながらママ、パパ、娘、そして周囲の手をかりながら娘の成長を見守っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です