お食い初め〜生後100日〜

子育てイベント

スポンサーリンク

本日は、朝からパパは大忙し!

生後100日頃に行う一大イベント”お食い初め”の準備で大忙しです。
ちょっと頑張って料理作ります!!!

そして、娘は朝から機嫌がいいですw


今までの経過を見たい方はこちらへどうぞ

当ブログを初めてご覧になった方は必ずこちらを一読ください(少なくとも1番の項目については一読ください)

お食い初め(おくいぞめ)とは

別名:百日祝い、食べはじめ、箸はじめ、真魚はじめ、歯固め
などと様々な読み方があるそうです。

一生食べ物に困らずに生活できますように”という願いを込めて行うお祝い事です。

生後100日前後に行うことが多いようですが地域によって違いがあるみたいです。

余談ですが、医療的には生まれた日を”生後0日”として数えます。
お祝い事は生まれた日を”生後1日”として数えるそうです。

お食い初めの献立

一汁三菜のお祝い膳を用意するようです。

我が家の献立

  • 魚  :尾頭付きの鯛
  • 飯椀 :赤飯
  • 焚きのもの:煮物(人参、たけのこ、こんにゃく、椎茸)
  • 汁物 :はまぐりの吸い物
  • 香の物:白菜と大根の漬物

尾頭付きの鯛

セットではまぐりの吸い物がついてきます。

赤飯

パパの実家だけのものかと思いきや実際にあるんですね

ピンクの赤飯

北海道とかではピンクの赤飯みたいです

参考にしたレシピはこちら

煮物

実はパパはあまり煮物が好きではありませんw
こんにゃくは好きですがw

参考にしたレシピはこちら

はまぐりの吸い物

鯛を購入したセットとしてついて来ました。

香の物

大根や白菜の量が少なかったのかまたは味付けが濃すぎたのか
塩辛くなってしまいました。。。

でも好きな味ですw

用意するもの

正式には高脚の御前漆器を用意するそうです。

男の子の場合、金か黒漆で男紋を入れ、外内両方赤い漆器

女の子の場合、銀の女紋を入れ、外が黒内が赤い漆器

箸は柳で作られた”祝い箸”を使うそうです。

我が家はそこまで完璧にはせず、自宅にある食器でも代用してもいいとあったので自宅にある普段使う食器で行いました。

歯固めの石

丈夫な歯が生えるようにという願いを込めて添えるそうです。

歯固めの石も今回、楽天で購入しました。

鯛と同じお店で購入したので一緒に梱包されて来ました。ありがたい!

お食い初めのやり方、順番

やり方

箸でつまんで、口元に持っていき食べさせる真似をするそうです。
実際にはまだ食べれませんからねw

そして、食べさせる人はお祝いに来ている人の中で最年長となる人が食べさせるそうです。
→長寿になりますようにという願いが込めて

男の子の場合、男性の最年長者、女の子の場合、女性の最年長者が食べさせます。

我が家では、夫婦二人でのお祝いのため、ママが食べさせました。
パパはカメラマンですw

食べる順番

ご飯→汁→ご飯→お魚→ご飯→汁→

ご飯→煮物→ご飯→汁→ご飯→香の物→

ご飯→汁→ご飯→歯固め石→ご飯→汁

上記の順番で箸でつまみ、口元へ持っていき食べさせる真似をするそうです。

最後に

初めてのことだったので色々バタバタしましたがいい思い出となりましたw

3人で写真を撮ることになった途端、娘はう●ちの為にふんばり始めるハプニングがw

強行で撮影しましたが一切笑っておらず、終始険しい顔での記念撮影でしたw

今のこのご時世、ネットでなんでも用意できます。
クリスマスケーキ、おせち、お食い初めの料理もネットで注文できますが、こうして1から全て作ってみるのもいい思い出になると思いますので皆さんも是非作ってみてください。

スポンサーリンク