【お知らせ】ママ参戦中!!

【2018】検査入院のはずが。。。

CAUTION

●我が子の今までの経過を見たい方はこちらへどうぞ

●当ブログを初めてご覧になった方は必ずこちらを一読ください (少なくとも1番の項目については一読ください)

2018年の通院・予防接種の記録を見たい方はこちらからどうぞ

2017年の通院・予防接種の記録を見たい方はこちらからどうぞ

前回の入院の経緯、経過に関してはこちらからどうぞ

入院の経緯

今回は緊急入院ではなく予定された検査入院です。

何事もなければ翌週には退院できます。

ですが。。。

2018.07.06

耳鼻科受診

  • 声帯は動いていないが反対側がカバーしているためとろみなしでもOKとのことでした。

2018.07.09(カテーテル検査)

予定通りカテーテル検査を行いました。

前回退院時の説明だと検査だけとのことでしたが必要に応じて治療も行うとのことになりました。

パパはまさかこんなことになるとは思ってもいなくて仕事に行きました。

9時半病棟と出発、16時頃検査終了し行先はICU。。。

蛇行した血管にカテーテルを進めている間に血管と肺がすれて肺損傷により出血(結構な量の出血だったとか)

毎回何かある我が娘

正直、今回ばかりは最悪のことも考えました。

ICUに入室して人工呼吸器+NOにて管理

今回のICUは長くなるとこと。。。

止血を確認後抜管、自発呼吸下で再出血がないか(咳き込んだり、体動により再出血する可能性あり)確認したのちに一般病棟へ上がるとのこと

2018.07.17

人工呼吸器のチューブ抜管、近日中に一般病棟へ行くとのこと

ネーザルハイフロー使用中(鼻から高流量の酸素を送る人工呼吸器)

ICU中胃の動きが悪いため、十二指腸への管を入れることに

2018.07.18

おしっこの管抜去

覚醒両行でSpO2も81%

2018.07.20

ネーザルハイフローも外れ、ICUから一般病棟へ

酸素流量0.5L/minでSpO286%と高め

心不全による痰の分泌が多く、やや呼吸も早め

2018.07.23

BNP200と著変なし(カテーテル検査前もBNP200)

炎症反応(-)、肺出血の経過も良好

胃管からのミルクを増量しても大丈夫なら十二指腸の管を抜くとのこと

2018.07.24

首に入っている薬を注入する管を抜去、新たに足に抹消ルートを確保

十二指腸からの持続ミルクをストップして胃管からのミルクのみに変更(60mL/回)

2018.08.07

  • 採血
  • レントゲン
  • 心電図
  • 肺血流シンチ

上記の検査を実施

2018.08.08

採血の結果

BNP900まで上昇 心エコーをすることに

肺血流シンチの結果

右肺:左肺=6:4
右下肺に結構多く流れている

肺静脈の流れに差があれば1.5心室治療は厳しい

心エコーの結果

弁の逆流は前回より多くなっているがBNPが900まで上がるほどの要因ではない

拡張能、収縮能ともに正常範囲内

BNP900まで上がった原因不明

泣くと弁の逆流が増加するため、ミルクを650mL/日→720mL/日へ増量

2018.08.11

本日退院!

先生からの病状説明

◎カテーテル検査

右下肺動脈
狭窄あるが肺高血圧の程度は一番軽い

拡張を試みたが大量出血した

ICUで治療のために人工呼吸器、NO吸入、酸素吸入(100%近く)を施行

◎出血改善後一般病棟へ

SpO2:83%(酸素なし)
レントゲン:肺血管陰影やや増加
BNP:著増

このことから肺高血圧が全体的に改善してきているのではないか、BTシャントから肺へ流れる血流が増えた可能性などが考えられる

◎今後の予定

まずカテーテルをして肺高血圧の程度を再評価

グレン手術ができればグレン手術を行う(心不全を抑えるため)

その後はまた経過を観察して判断する
現在は1.5心室治療なのか2心室治療なのか判断がつかないとのこと
”これまでの経過”に戻るにはこちらから

2018年の通院・予防接種の記録を見たい方はこちらからどうぞ

2017年の通院・予防接種の記録を見たい方はこちらからどうぞ