【更新】これまでの経過に今回の入院について追加しました

”出産手当金”についての備忘録

産前産後休業中、育児休業中、給与は出ると思いますか。 →でません

では、この間の収入はゼロなのかというとそういうことでもありません。

今回は”出産手当金”、”育児休業給付金”のうち、”出産手当金”についてざっくりとまとめたいと思います。

出産手当金とは

産休中の生活を支える目的で、職場で加入している健康保険から支給されるお金です。

勤務先の健康保険に加入していれば、契約社員やアルバイトでも支給されます。

 

支払対象期間

産前休業中:出産予定日を含む産前42日(6週間) 双子などの場合は98日(14週間)

産後休業中:出産翌日からの産後56日(8週間)

上記の期間が産前・産後休業の期間となります。 この間で休んだ日数が支給の対象期間となります。

産前休業、産後休業について

産前休業は、本人が休むか休まないか選択できます。

産後休業は、基本的には働いてはいけないが、本人の意思と医師の許可があれは産後6週を経過していれば働いてもOK ただし、産後6週間は法律で働いではダメという期間になっています。

もし産前もバリバリ働いて、産後も7週間目から職場復帰した場合、出産手当金の支払対象期間は産後6周目までの分しかもらえません。

 

支払条件

ではどのような人が出産手当金をもらうことができるのでしょうか。

  • 勤務先の健康保険に加入していること 正社員だけでなく、契約社員やパート、派遣社員、アルバイトでも勤務先の健康保険に加入していると支払対象者となります。 ※個人で国民健康保険に加入している場合は、対象外となります。 ※勤務していても健康保険はパパの扶養になっている場合も対象外となります。
  • 出産のために休業をしており、その間給与が支払われていないこと 給与をもらっている場合、支払の対象外となります。 少額の賃金が支払われている場合は、出産手当金から支払われている金額が減額され支給されます。 ※支給される賃金が出産手当金よりも多い場合は出産手当金は支給されません。

 

出産手当金っていくらもらえるの?

日給の2/3×産前産後休業日数 ー式①

日給は月給を30日で割った金額となります。 月給は標準報酬月額となります。

標準報酬月額とは

毎年1回、4月、5月、6月の総支給額(手取りじゃない方)の平均額を算出し標準報酬月額表から標準報酬月額を割り出します。 難しいこと言ってますよねw

ママの給与明細が見当たらないのでパパの給与明細でちょっと実例をあげて算出して見ます。

2016年4月、5月、6月の総支給額

  • 4月:389,599円
  • 5月:367,085円
  • 6月:362,928円

この3ヶ月の平均額:373,204円(報酬月額となります)

今回は、こちらの表の左側を参考に標準報酬月額を算出します。 上のリンク先の表からパパの標準報酬月額は380,00円となります。

これが、標準報酬月額の算出方法です。

では、参考程度ですがママの場合の出産手当金を計算して見ましょう(手取り額での算出となります)

  • 4月:226,245円
  • 5月:269,658円
  • 6月:259,901円

この3ヶ月の平均額:251935円(小数点以下四捨五入)

上のリンク先の表からママの標準宝珠月額は260,000円となります。

まず、日給を計算します。 260,000円/30日=8,667円(小数点以下四捨五入)

続いて式①より出産手当金を計算します。 産前産後休暇は全て取得したとして計算します。(98日間) 8,667円×2/3×98日間=566,244円

今回は手取り額で計算したので、総支給額で計算すると支給額はもう少し高くなると思います。

 

出産手当金はいつもらえるの?

”出産手当金”という名称を聞くと、”出産したらもらえる”、”産休中にもらえる”と思うかもしれませんが、実際にもらえるは産休後、勤務先で申請書を提出してから約2週間〜2ヶ月後に指定した銀行口座に振り込まれます。

出産後から計算すると約2ヶ月〜4ヶ月後に支給されるということになります

パパもそうですが、産休中にもらえるものだと思っていて、貯金が少ししかなくてもなんとかなると思っていましたが、なんとかならなくなりました。

ですので、出産手当金を頼るのではなく、前もって計画的に貯金することが必要となります。

 

最後に

いかがだったでしょうか、先輩ママ・パパは知っているかもしれませんが、我が家のような見習いママ・パパからして見たら最後の項目なんてのは驚愕の事実だったのではないのでしょうか?

僕はこの事実を知って一気に不安になりました。 計画的に貯金をしておけばよかったと。。。

今更後悔してもしょうがないので、今から頑張って貯金をしていこうと思います。

本記事は、複数のサイト、ブログをチェックした上でまとめました。

本記事についてお問い合わせ、ご意見等ありましたら”お問い合わせ”よりご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です