【お知らせ】諸事情によりもう少し更新をお休みします

徹底解説!我が家の家計簿システム

毎月「我が家の家計簿」と題して家計簿の結果だけを公開していますが今回、我が家でどのような方法で家計簿をつけているのかを徹底解説したいと思います。

1ページ目では我が家の家計簿システムについて紹介しています。

2ページ目では実際の家計簿を用いて説明をしています。

家計簿をつけるにあたり用意するもの

まず、家計簿をつけるために用意したものを紹介します。

デバイス

・スマホ
・パソコン

スマホはZaim、マネーフォワードを利用するためですのでiPhone、Android端末、タブレットでもアプリをインストールできればなんでもいいです。

パソコンはExcelがインストールされていればノートパソコン、デスクトップパソコン、そしてスペックは問いません。

アプリ、ソフト

・Zaim
・マネーフォワード
・Excel

マネーフォワードで銀行、クレジットカード、ポイントカードの残高、利用額、保有ポイントなどを同期して一括表示させて資産管理を行うため、各銀行でインターネットを利用して振込や残高確認ができるインターネットバンキングに申し込んでおく必要があります。



”二度手間戦法”で万能家計簿に!

我が家ではZaim、Excelを使用して家計簿をつけています。

結局のところ同じことをZaimとExcelにやっています。

二度手間と思うかもしれませんが、これにはパパなりの思惑と今までの家計管理をしてきての経験によりあえて面倒にしています。

Zaim、Excelそれぞれのメリットとデメリット

まず、なぜパパが二度手間なことをやっているかというと、Zaim、Excelそれぞれのデメリットをカバーするために手間をかけています。

Zaimメリット

・いつどこでも入力、確認ができる

Zaimデメリット

・カスタマイズ性がない

Excel家計簿メリット

・自分オリジナルの家計簿が作れる
・機能を駆使することで分析ができる

Excel家計簿デメリット

・パソコンがないと入力、確認ができない

 

Excelで家計簿を作ることで自分だけの家計簿を作ることができます。しかし外出先などで家計簿を入力したい、確認したいというとき、パソコンがないと入力や確認ができません。

しかし、Zaimでも同じ家計簿を作っておくことで、アプリから入力、簡易的な確認をすることができるようになります。

 

買い物した際、たまにレシートをもらい忘れたり、自動販売機で購入した分をあとで家計簿に入力しようと思っても結局そのまま入力を忘れてしまい、後から思い出してもレシートなどがないためいくら使ったのかわからないということが過去に何度かあったので使ったらすぐに入力できるようにZaimを導入しました。

家計簿Zaim

家計簿Zaim

Zaim Inc.無料posted withアプリーチ

資産管理はマネーフォワードで一括管理

家計簿はZaimで記録して、銀行残高、確定拠出年金、つみたてNISA、各種ポイントなど資産を一括管理するためにマネーフォワードを導入しています

現在連携している金融機関

  • 銀行口座 5つ
  • クレジットカード 4つ
  • 証券口座 1つ
  • 確定拠出年金 1つ
  • ポイント 5つ
これにより、わざわざ各サイトにアクセスしログインしなくても全ての残高などを確認することができるので時短にもつながります。

無料プランでは10個までしか連携登録できないので我が家では有料プランで利用しています。

家計簿マネーフォワード ME

家計簿マネーフォワード ME

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

かゆいところに手が届くオリジナルExcel家計簿

Zaimだけでは分析しきれない部分をオリジナルのExcel家計簿で分析しています。

例えば、

「特別費は今月いくら使っているのか」

「固定費にはいくらかかっているのか」

その他に我が家ではこの家計簿ファイルを開くだけで以下のようなことがわかるようにしています。

  • どの予算から出たお金か
  • 子どもの医療費の申請、払戻の管理
  • 医療費控除申請の可否
  • 経費かどうか

ピボットテーブルを使用して見やすい一覧表にしています。

更に、ブログ記事執筆時の参照用に予実、前月比、資産運用、ポイント残高を把握できるよう月ごとのSheetを作っています。



「面倒くさい」が無駄遣いを減らす!?

まずは、家計簿をサボらずつける!1、2週間毎日書けば書く癖がつきます。

我が家では、Zaimにはその都度、入力してExcel家計簿には週末まとめて入力しています。

入力の項目が多くなると面倒ではありますが面倒くさいから家計簿をつけるのをやめる、サボるのではなく、無駄なものを買わなければ入力する数が減るから楽になると発想を変えて買い物をしています。

現在、我が家ではママがZaim入力し、パパがZaimを参考にExcel家計簿に転記しています。

 

ここまで我が家の家計簿システムについて説明してきました。

次ページより実際の家計簿を用いて説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です