【更新】これまでの経過に今回の入院について追加しました

我が家のお金の管理 Ver.2

以前、我が家のお金の管理方法について記事をあげたのが2017年6月でした。

それから1年半が経とうとしています。そして、前回の時と生活仕様ががらりと変わりましたので、我が家のお金の管理方法を更新しましたので記事として書きたいと思います。

1年半前の記事なのでブログ執筆に不慣れなところもありますがVer.1の記事も読んでみてください。

実際の管理方法と今後の計画とが混じっておりますがあらかじめご了承ください。

今年いっぱいは試用期間として、良し悪しを改善して来年1月から本格運用していこうと考えています。

そのため、1月からいろんなブログ等を参考にして作った我が家専用のExcel家計簿もバージョンアップします。

そのこともあり、ブログにて公開しております、『我が家の家計簿』のカテゴリー等が少し変わりますので来年1月分の家計簿は前月の比較ができませんのであらかじめご了承ください。

ではでは、そろろろ本題に入りたいと思います。

我が家のスペック

現在、4世帯6人で築30年近いパパの実家で暮らしています。

家全体の収入

6人のうちパパを含め2人が給与をもらっており、うち1人が年金を受給しています。

そのほかにわずかな農業収入と子どもの手当が主な収入源となります。

家全体の支出

月大人3万円、子ども2万円の徴収で全体の支出の支払いを行っています。

赤字か黒字かは家全体の家計管理者はパパではないのでわかりません。

今後、両親が年を取ってきたら家全体の家計管理はパパかママになると思うのでその際はまた『我が家のお金の管理』、『我が家の家計簿』のバージョンアップがあると思います。

利用中の銀行口座と用途

現在、地方銀行A、地方銀行H、Y銀行、楽天銀行を主に使用しています。

このほかにも銀行口座を都市銀行3つ、Y銀行を2つ、ネット銀行を2つ保有しています。

都市銀行に関しては東京在住時に使っていたものの残りです。

上図にも書いている通り、

A銀行

  • 給与振込口座
  • クレジットカード支払口座
  • 各種ローン支払口座
  • 自動車保険支払口座

H銀行

  • 児童手当振込口座
  • 特別児童扶養手当振込口座
  • 貯蓄口座(不足時利用資金)

Y銀行

  • 子ども貯蓄口座

楽天銀行

  • 投資口座(パパつみたてNISA)

ちなみにH銀行はパパの代理人カード(家族カード)を発行してママが持っています。

これによりパパがいなくてもママがH銀行からお金を引出たり、入金したりすることが可能となります。

現在、使用していないけど保有している銀行口座については今後何かの目的積立口座として利用しようかなと検討中です。

また、まだキャッシュカードが届いていませんが住信SBIネット銀行の口座をアフィリエイトや副業の収入振込口座にしようと思い新規開設しました。

収入がないので上図には入れていませんが、今後の計画の1つとして紹介しておきます。

利用中のクレジットカードと用途

現在、主に4種類のクレジットカードを利用しています。

2枚重なってあるクレジットカードは家族カードを発行しているカードです。

このほかにもママとパパ現在利用していないクレジットカードが1枚ずつあります。

こちらは今後も利用する予定がないので早急に解約したいと思います。

ちょっと見づらいですが各クレジットカードの使用用途を下図に示します。

楽天カード

楽天グループの支払いはもちろん楽天カードで行っています。

また、楽天カードをメインカードとして使用しているので、その他諸々の支払いは楽天カードにて行っています。

そのため楽天スーパーポイントがっぽがっぽです。

オリコカード

Amazonの買い物の支払いにはオリコカードを利用しています。貯まったオリコポイントでAmazonギフト券に交換して次回のAmazonでの買い物に利用します。

ちなみにオリコポイントは楽天スーパーポイント、Tポイント、dポイントなどにも交換できます。

dカードゴールド

我が家はドコモのiPhone(パパ、ママ)、iPadを利用しています。インターネットもドコモ光を契約しています。

そのこともあり、dポイント確保のためにdカードゴールドにて支払いを行っています。

ゴールドカードということもあり、年会費が10,000円かかってしまいますが、パパの今の計算では携帯代、ドコモ光の支払いを行うと年間で14,160ポイント貯まる計算になるので年会費分の素は取れているとパパは思っています。

dポイントはドコモ料金の支払いにも使えるので貯めておけば単純計算で4,160円お得になることになります。

TSUTAYA T-CARD PULS

基本このクレジットカードは現在使用していません。

TSUTAYAでのレンタルの時に使用したり、Tポイントを貯めるために使用しています。

現在利用しているドラッグストアでTポイント貯めたり、利用することができるので解約せず使用しています。

ポイントの損得については頭の悪いパパからしてみたらよくわかりませんが、必須な支出によって獲得したポイントについては還元率が悪くても損にはならないと考えているパパです。

少なくともポイントが発生しない方法での支払いよりは得だと思います。

各収入のお金の流れ

ここでは、我が家の主な収入となる、給与、賞与、手当/還付の用途について説明します。

給与の流れ

まずA銀行に振り込まれた給与額からクレジット払いの固定費(ウォーターサーバー代、保険料、アプリの利用料など)、各種ローンの支払額(奨学金、自動車など)の毎月引かれる固定費を減額して残った金額をやりくり費として引き出しています。

ちなみに今回のバージョンから、給与は翌月の生活費として使うようにしました。

11月に振り込まれた給与を12月の支払いに充てる。

今までは11月に振り込まれた給与で11月の支払いに充てていました。

賞与の流れ

賞与を月々の生活費には利用せず、年払いで支払っている費用に充てたり、つみたてNISAの1年間の支払い費用として楽天銀行に移したりします。

今後は生命保険なども年払いにしようか検討しています。

なにせ今年勤め始めた職場なので賞与がいくらもらえるかわからないので検討段階です。

これらの費用を引いて残った金額を貯蓄に回すように考えています。

手当/還付の流れ

各種手当については振込月はバラバラですが4ヶ月分がまとまって振り込まれます。振り込まれたら一度すべて引出、振込付きの翌月からの予算として自宅にて現金保管します。

現金保管のほうがいいのか毎月引き出したほうがいいのかは検討中ですが、毎月銀行へ行かなくてもいいことを考えると一度に引き出して現金保管しておいたほうが楽っていうこともあるし、急な支払いの時も一時的に利用できるという利点もあります。

子どもが県外で受診した医療費の払戻分はそのまま貯蓄に回しています。

毎月のお金の流れ

前項では年間の収入額流れについてざっと書きましたがここでは毎月のお金の流れれに着目して説明します。

現金の保管方法

銀行口座から引出した現金はまとめておかずに分類分けして保管しています。

まず、振り込まれた児童手当、特別児童扶養手当については下図のようなファイルを100円ショップ『ダイソー』にて見つけたのでこちらに毎月分別けて保管しています。

ちょうど12個ポケットがあるので、テプラでラベルを作って何月分の手当分なのか一目でわかるようにしています。

次に1ヶ月分の生活費はA5サイズのファイルにファスナー付きのポケットリーフを挟み、それぞれにテプラでラベリングしてその中に『やりくり費』、『児童手当』、『特別児童扶養手当』を分けて入れています。

お金の流れ

毎月末日の夜に次のことを行います。(上図:青矢印、緑矢印、橙矢印)

  1. 残った児童手当、特別児童扶養手当を1万円未満の額を繰越分としてやりくり費に移す
    1万円以上の額を児童手当は子ども貯蓄口座(Y銀行)へ、特別児童扶養手当は貯蓄口座(H銀行)へ入金するために別の入れ物に移す
  2. 残ったやりくり費を繰越分としてそのままやりくり費に入れる
  3. 1ヶ月分の児童手当(15,000円)、特別児童扶養手当(51,000円)をファスナー付きポケットリーフに移す
  4. 給与からクレジットカード、口座振替の固定費を引いて残った額を引出して自宅へ入れる生活費を除いた分をやりくり費へ入れる
    ちなみに、奨学金、自動車ローン以外のローンについてはもうすでに全額用意済みです。
    あとは返済が終わるのを待つだけです。

これで新しい月の予算の準備ができました。

次にお金の流れです。(赤矢印)

基本、使用したら楽天カード、オリコカードのクレジットカードはそれぞれのポケットリーフにその都度移します。

現金で支払ったときは、基本移しません。(金額が大きい場合のみ例外として支払った人が現金で受け取ります)

最後に児童手当、特別児童扶養手当、やりくり費の使い分けを説明します。

  • 児童手当
    子どもの服や育児用品、おむつなどの購入に利用します。
  • 特別児童扶養手当
    子どもの医療費、入院費、付き添い、宿泊代、移動費などの支払いに利用します。
  • やりくり費
    パパママのお小遣い、上記以外の買い物(食費など)などの支払いに利用します。

児童手当、特別児童扶養手当は子どもに関わる費用に使い、パパママの関わる費用についてはやりくり費からお金を出すように決めています。

特別費など金額が大きいものについては貯蓄口座(H銀行)よりその都度引出すようにしています。

最後に

今回のバージョンではクレジットカードでの支払いはその都度現金を寄せておくという点が一番の変更点となっています。

本来はクレジットカードで生活費を支払っているのであればこのやり方をするのが当たり前なのは重々承知の上です。

しかし、貯蓄があまりなかったのでリセットする機会がなくてなかなかこの方法へ変更できませんでした。

貯蓄が少し増え、リセットのために貯蓄口座からお金を移動しても大丈夫になったのと12月は賞与が入ったり、年末調整でお金が戻ってくることもあり、今回思い切って変更してみました。

12月は試用期間ということで、また何か問題点が浮上してきたらその都度改善していきたいと思います。

パパが復職したこともあり、以前のように時間が作れなくなったのでブログの更新頻度が落ちてしまいますが、今度我が家のExcel家計簿のほうも少しバージョンアップしたのでそちらのほうも紹介したいと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です