【お知らせ】2018年の通院、予防接種の記録のリンクエラー解消しました

お手入れが楽!衛生的!加湿器を新調しました

今更ですが、加湿器を新調しました。

寝室に洗濯物を干すと湿度は上がりますが、やはり寝る前、朝ストーブをまだ使用しているので朝起きると乾燥していてパパは喉が痛いです。ママ、娘にも乾燥の影響はあるようで東京で利用していた加湿器を使おうというリクエストがあったので出してみたのですが、ちょっと不衛生な感じ。。。カルキはこびりついているし、なんか黒い斑点状のもの(カビ?)はついているしでちょっと使うのは抵抗があったので新しい加湿器を購入しました。

今回の購入にあたり重点を置いた点

購入にあたり、次のことに重点を置いて加湿器を購入しました。

  • 水をいれるタンクの清掃が楽
  • 安価(5,000円前後)
  • ハイブリッドタイプの加湿器

この条件で一番、重要視したのが『水を入れるタンクの清掃が楽』というところ

多くの加湿器のタンクの給水口が小さくて清掃が難しいですよね。

加湿器を利用する時期は限られているので利用しない時期になったらきれいにして保管したいですよね。

でないと、今回の我が家のようにカルキやカビによって次シーズンに使えないということになってしまいます。

そのため、今回『水を入れるタンクの清掃が楽』な点に重点を当てて探しました。

見つけた!!条件を満たす加湿器

今回、楽天市場で見つけました!!

安価ではありませんでしたが今回、楽天ポイントを利用して5,080円にて購入!!

では、購入した加湿器を紹介していきます。

購入したのはmaxzen『KSS-MX401BL』

maxzen(マクスゼン)という会社は、

余計な機能は省き、必要な機能に絞った家電を創る「ジェネリック家電」メーカーです。
機能と価格のバランスを徹底追求し、ニーズにマッチする製品開発を心がけております。

とあるように、シンプルに必要な機能を絞った家電を販売している会社です。

参考 公式ホームページmaxzen(マクスゼン)

今回、購入した加湿器(KSS-MX401BK)も非常にシンプルで本当は良くないのはわかっていますが取扱説明書を読まなくても使いこなせるレベルの商品で、機械音痴のママも使いやすそうです。

では、加湿器を細かく見ていきましょう。

加湿器のスペック

型番KSS-MX401BK
種類ハイブリット式加湿器
消費電力最大80W
加湿量切替弱/強/加熱弱/加熱強
加湿量(弱)100mL/hr
(強)200mL/hr
(加熱弱)150mL/hr
(加熱強)300mL/hr
タンク量約4.0リットル
タイマー時間1~10時間
質量約1.9kg
コード長約1.5m
外形寸法W255×D255×H251mm
付属品リモコン(電池付)、送風口シリコンキャップ、取扱説明書

ミストの吹き出し口は2口しかも回転します。

ミストの吹き出し範囲を自由に調整できます。

これが一番のお気に入り!!

給水は吹き出し口の蓋を開けて上部から給水

上部からの給水ということは、手入れも容易です。

多くの加湿器と違い上部からの給水の為、給水パイプを外すことで清掃、水滴の拭き取りが簡単です。

また、清掃時、残った水の排水時に送風口から水の侵入を防ぐためにシリコンの専用キャップが付属しています。

清掃面でも考えられており、衛生的に長期間使用できる加湿器だと思いました。

送風にホコリが入らない配慮

送風の為に本体下部に吸気口があります。

しっかりフィルターがついており、空気中のホコリなどをトラップしてくれます。

こちらのフィルターも1か月に1度水洗いをしてきれいに保つことが可能です。

本体に戻す際は良く乾かしてから戻す必要があります。

アロマ加湿も可能!

パパは使用する予定はありませんが、市販のアロマを添加して加湿することもできます。

昔はアロマを焚いたり、アロマ加湿を使っていましたが、今は利用するつもりはありません。

アロマ加湿を使いたい方は市販のアロマも使えるようですので、アロマを選ぶ楽しみが増えますね。

最後に

今回は、『いい加湿器買ったよ』という記事ですが、今後機会があったら使用レビューの記事を書こうかなと思いますが、もう少しでこの加湿器もお役御免の季節になってくると思うので、加湿器の長期保存方法の記事が先に上がると思いますw

しかし、今回は本当に、パパの理想通りの加湿器に出会うことができて、すごく嬉しいです。

加湿器のお手入れに困っている方、ちょっと価格が高くても使い勝手の良い加湿器が欲しいという方はぜひmaxzenから販売されているKSS-401の加湿器をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です