【お知らせ】ブログリニューアル!初期不具合あるかもしれませんが随時修正します。

引越しの準備始めて行きます!パート②

あなたは引越しの日程が決まったら次に何をしますか?
やみくもに段ボールに荷物を詰め込みますか?
何もしないで引越しの直前にバタバタと荷造りしますか?

前回の記事!

パパは、まず見積りをした日から引越しの荷物の搬入日の1週間後までのスケジュール表をExcelなどを使って作成します。
そうすることで、いつ何をしなくてはいけないのか、いつごみの処分をするのがいいのかなど全体が見えてきます。
パパのスケジュール表の作り方を説明します。

ひな形を作ろう!

カレンダーをまねして作ってみてください。
一番左に次の項目を作りましょう

  • ゴミ収集
  • 引越関係
  • 家族予定

各項目について説明します。

ゴミ収集

いつ何のゴミの収集日なのかを記入する欄です。

引越関係

引越に関することを記入する欄です。
段ボールなどの資材がいつ届くのか、引越しの搬出はいつか、搬入はいつかわかるようにします。

家族予定

パパ、ママ、娘の予定

引越しにあたってやらなくてはいけないことを記入する欄です

【引越前】

  • 郵便物の転居届
  • 水道電気ガスの使用中止
  • 転出手続き

【引越後】

  • 転入手続き
  • 運転免許証の住所変更
  • 児童手当の申し込み

これらのやらなくてはいけないことも記入していきます。
おおよそいつくらいにやらなくてはいけないかなどは決まっているのでそれを記入していきます。

各項目を埋めていこう!

ひな形を作ったら次に各項目の欄に必要事項を記入していきます。

ゴミ収集

”可燃ごみ”、”不燃ごみ”、”ペットボトル・缶・ビン”など引越の日まで埋めていきます。
今回我が家は、引越日が可燃ごみの日になるように引越の日程を組みました。

【何故?】
主婦の方なら何となくわかりますよね。

例えば引越日が”可燃ごみ”じゃなければ前日の夕食、朝食のゴミどうしますか?
ということでたまたまパパの地域は土曜日がちょうど可燃ごみでしたのでこの日に引越しを組み込んだというわけです。

スケジュール表を作っておけばいつ何ゴミが最後の収集日なのかが一目でわかります。
今回パパは念のため、赤字+太字で目立つようにしました。

引越関係

資材の受取日、引越日などもう決まっている予定を記入しておきます。
スケジュール表が完成したら印刷をして、いつどこの部屋の荷物を段ボールに詰めるかなど計画を立てて手書きで記入していきます。

家族予定

家族の予定を記入しておくことで、この日はパパが休みだから重い荷物やパパの荷物をまとめてもらおうなど家族の予定を把握しておくことで引越の荷造りの計画が立てやすくなります。

また、引越しに伴ってやらなくてはいけない手続きなども一緒に記入しておくといいと思います。

荷造りの予定を記入しよう

引越しはあることをする絶好のチャンスなのをご存知でしょうか。
それは。。。”断捨離”

普段なかなか物を出さないところからも物を取り出すので断捨離する絶好のタイミングなのです。
いらないものをいつどうのようにして処分するかはさておき、いつでも処分できるように仕分けることはできます。

荷造りを始めた頃に”パパ流!荷造りのポイント”と題し、パパの荷造りの方法を紹介したいと思います。

記入のポイントとしては、ゴミが出そうな所(本棚や書類など)は古紙や雑誌の収集日の前日や前々日に行いましょう。
荷造りを始めるとどうしても荷物を詰めた段ボールで部屋が占領されます。
貴重なスペースをゴミに占領されるのだけは避けたいので極力ゴミの収集日付近でゴミや処分するものが出るところの荷造りをします。

パパの私物、ママの私物の荷造りは本人がやった方がいいので、パパの休みの日に行うのがベストです。
ママの荷造りの時、誰が娘を見る?→パパでしょ!
ということで、パパの休みの日にやるのがベストです。

ママも娘が寝ている間に少しずつ荷造りしていくのもいいと思います。

最後に

来週より荷造り始めて行きますので、上記でも書きました、

『パパ流!荷造りのポイント』

を次回書きたいと思います。

これからの引越しシーズンの参考になるよう頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です