我が家のお金の管理

マネー

我が家のお金の管理についてまとめてみました。

ご参考になれば幸いです。また、アドバイス等いただけたら嬉しいです。

はじめに

我が家の家族構成について簡単に書きたいと思います。

夫:会社員

妻:会社員(8月より産休に入ります)

子:現在お腹の中に1人

我が家の家計については夫である私”minaraipapa”が管理しております。

家計簿の記入、集計、評価等行なっております。


スポンサーリンク

現在のお金の管理状況

ざっと図解するとこのようになっております。

共働きとうこともあり、収入はそれぞの銀行口座に振り込まれます。

その後、各々以下のように振り分けをします。

  • 家賃、生活費支払い分→みずほ銀行へ
  • お小遣い→お財布へ
  • 個人の支払い分→そのまま三井住友銀行

ここで一つ決めていることがあります。

メインバンクの三井住友銀行には上記の3項目を除いた他に3万円は残しておく

普通に考えたらわかりますが、もしも自分が把握していな引落があった時のための保険です。

貯金に関して

収入から、家賃・生活費分お小遣い個人の支払い分、保険の3万円を差し引いた残額を個人の貯金口座へ移しています。

ママが給料をもらっている間は、みずほ銀行に移すお金に各々1万円をプラスして貯金しています。

そのため、夫婦での貯金は毎月2万円、個人の貯金は0〜数万円となります。

正直この貯金方法はあまり良くないですよね。

貯金方法に関しては今後の検討課題です。

我が家の銀行口座の用途

ざっと図解するとこのようになっております。

みずほ銀行に関しては、代理人カードを申し込み妻にもたせております。
これにより給与振込後、各々夫のみずほ銀行に家賃・生活費分のお金を入金できるようにしています。

また、今では大きな病院、大学病院ではクレジットカード払いができますが、クリニックなどでは現金払いとなるとこもあるので、その際に妻がみずほ銀行より病院代を引出せるようにする目的もあり代理人カードを作りもたせています。

”じぶん銀行”、”楽天銀行”はなぜ口座を開設したのか

じぶん銀行

auWALLETカードへのチャージ用の口座にしようと思い開設したが、思っていたほどauWALLETカードの使用頻度が少なく現在使用していない状況

また、以前は三菱東京UFJ銀行を夫婦の貯金口座にしていたため、パパの個人の貯金口座がなかったとうこともあり開設しました。
現在は、夫婦の貯金口座をみずほ銀行にしたため、じぶん銀行の使い道がなくなりました。

念のため現在口座は残したままにしています。

楽天銀行

かなり前に興味本意で開設した口座のため、全く使用していません。

最近、楽天証券に登録したので投資用口座として運用していこうかなと考えています。

投資関係についてはまだ知識不足のため、これから勉強していきたいと思っています。

我が家のクレジットカードの用途

ざっと図解するとこのようになっております。

パパの楽天カード


生活費の支払いは全てこのパパの楽天カードで支払いをしています。

具体的にどのようなものの支払いをしているかというと、

  • 食費(スーパーでの買い物、外食、出前等)
  • 水道光熱費
  • 通信費(携帯代、インターネット代)
  • 病院代(妊婦健診)
  • 日用雑貨費
  • 夫婦の娯楽費
  • お出かけ時の交通費

などなど他にも細々したものもあります。

ママにパパの楽天カードの家族カードをもたせております。
そのため、ママが一人で買い物に行ってもこの家族カードを使うことでパパの楽天カードの請求と一緒になるので生活費の集金の際の計算が簡単になります。

ちなみにパパの楽天カードで溜まったポイントは二人で使うという約束にしています。

例えば、

  • 楽天市場での日用品の買い物
  • 楽天トラベルで旅行の宿泊代の支払い

楽天ポイントは期間限定のポイント以外はほぼ消滅しないので貯めて大きな買い物の時に使うのもいいかもしれません。

また、現在は利用していませんが楽天モバイルの支払いにも1ポイント=1円として使用できるみたいです。

今後は携帯代節約のため、楽天モバイルを契約しようと検討中です。

楽天モバイルを契約することで、期間限定ポイントを無駄にせずにすみそうです。

ママの楽天カード、パパのViASOカード

こちらは個人の買い物で使っています。

例えば、

  • iTunesでの買い物
  • コンタクトレンズ(ママ)
  • 各種保険料の支払い(パパ)
  • 個人利用のタクシー代

ここで発生したポイントは個人個人で使用するようにしています。

今後の検討事項

  • ViASOカードからauWALLET creditへ変更
  • 妻の楽天カードを解約して、パパのクレジットカードの家族カードを利用してもらう
    当分の間、ほぼ無収入となるのでこっちの方が管理しやすいかなと思っております。
    デメリットについてまだ調べていないので今後調べます。

最後に

実は銀行口座、クレジットカードに関しては他にも存在しております。

銀行口座に関しては、いろいろなところに居住していたということもあり今回紹介した銀行口座の他に5つの口座があります。

クレジットカードに関しては他に3枚あります。
この内、2枚に関しては来月でリボ払いが終わるのでその後解約します。

クレジットカードに関してはあまり多く持ちすぎると、自動車のローンや住宅ローンの借り入れの時不利になると言われています。

知っている人もいると思いますが、クレジットカードには”ご利用可能額”というものがあるのはご存知だと思います。
ご利用可能額までの買い物ができるというものです。

ご利用可能額が50万円なら50万円までの支払いをこのクレジットカードでできるということ。

でも、この”ご利用可能額”、信用情報からすると借金の扱いになるようです。

ご利用可能額50万円のクレジットカードを4枚保有していると200万円の借金があるのと同じことになります。

借金があるのにさらに借り入れして借金を作る、こうなるとローンの審査が通りづらくなります。

※ネットで調べて情報なので間違っていたらごめんなさい ご指摘くださいましたら修正いたします。

とうことで、使わないクレジットカードは解約した方がいいということになります。
ただし、短期間での解約は次クレジットカードを作る際の審査が通りづらくなる可能性があるとう話も聞いたことがあります。

まだ契約して短いというときはご利用可能額の減額をしましょう。

便利なクレジットカードですが何も知らないで、たくさん作ってしまうとあとあと大変なことになりますので注意しましょう。

今までの僕の経験からすると、クレジットカードは1、2枚あれば十分だと思います。

ちょっと長くなってしまいました。そして脱線してしまっているかもしれませんが最後まで読んでいただきありがとうございます。


スポンサーリンク