26 weeks 2 day

マタニティー

久々の更新です。ちょっと疲れてしまいましたw

家計について色々考えたり調べたりしていたら時間がなかなかなっくて。。。

もっと時間が欲しいパパです。

今までの経過を見たい方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク
 

前回のいい感じの医師の診察ではなくまたまたニューフェイスの先生でした。

大学病院だからしょうがないよね〜
先生たちは外の病院でも診察しているから毎回同じ先生とはいきませんよね。

毎回同じ曜日に行けばいいのかもしれませんがパパも行きたいのでどうしてもパパの休みの都合に合わせるしかないので見てくれる先生がバラバラになるのはしょうがない思っています。

それにしても今日の先生は何を言っているかパパには聞こえませんでしたw

たまに後ろを見てこ「これが目で〜」とか「恥ずかしがり屋さんかな」とかパパにも話しかけてくれる先生でした。

経口ブドウ糖負荷試験の結果

 

前回の妊婦健診で次回経口ブドウ糖負荷試験を行うということでした。

前日の夜9時以降はお水・お茶以外の飲食禁止
早めに夕ご飯を済ませて、起きているとお腹が空くから早く寝なと促し早めの就寝
パパも早番だったため23時半くらいには就寝
が、しかし! なぜかパパが空腹で目が冷めるという事態が発生w

眠いんだけどお腹が空いて眠れない。。。
ベッドの上でゴロゴロ寝返りを打っているとママが起きてうるさいから何か食べてきたらということで今日の朝ごはんのパンを食べてまた寝ましたw

本題に戻りますw

9時空腹時の血糖を測定、その後あま〜い炭酸水200mLを3分以内で飲んでくださいとのこと
その後は運動禁止、採血室前の待合室で待っていてくださいとのことでした

1時間後に再度採血をして、さらに1時間後にもまた採血をしました。

【結果】

血糖0分値(GTT0)    :84mg/dL(92mg/dL) n.p.

血糖60分値(GTT60)   :156mg/dL(180mg/dL) n.p.

血糖120分値(GTT120):147mg/dL(153mg/dL) n.p.

( )の中は基準値です。

結果全てにおいて基準値以下でしたので妊娠糖尿病の可能性はないとのことでした。

経腹エコー

推定体重:800g

心臓も見てもらいました。

説明はなかったのですが計測していところから推測して心胸比を見て居たのではないかなと思います。

心臓に負担がかかり心臓が大きくなっていないかを見ていたのだと思います、

その結果、心臓には負担がかかって大きくなっていることはないようです。

前回は逆子ちゃんでしたが今回はちゃんと頭が下にありました。

相変わらず恥ずかしがり屋のようで顔を手で隠していましたw

先生も恥ずかしがり屋さんかなと言ってましたw

大学病院での診察で思うこと

高度な医療を提供する大学病院ということで何かあった時は心強いがクリニックと比べるとすごく冷たい印象を受けます。

確かに1日の患者数を考えるとみんなみんなに時間をかけて診察していると捗らないのはわかるんですがね。

それにしても妊婦健診でのパパの存在の”蚊帳の外”感が半端ないですw

すっごく居づらい。。。

待合室で待つのもすごく気まずいし。。。

まだママと一緒にいるときは大丈夫だけど、パパ一人で待合室にいるのすごく気まずいです。
携帯もいじれないし、目のやり場に困るし。。。

今日あったトラブル

妊婦健診後に助産師さんかな?の保健指導がありました。

「初めは奥さんとマンツーマンで問診しますので旦那さんはお待ちください」と言われ待合室で待つことに

一向に呼ばれません

午後の診察が始まったためどんどん患者さんが入ってきます。

男が一人、産婦人科の待合室で座っている

超気まずい 寝たふりをするパパ

〜 30分経過 〜

まだ呼ばれない
未だ産婦人科の待合室に男一人のパパ

しびれを切らし、居てもたっても居られず、ママにLINEを送り待合室から出ました。

一向に既読になる気配もないので病院の外へ出て気分転換

〜 10分後 〜

ママからLINEで今どこにいるの?って連絡が来た

その後会計のところで待ち合わせして合流

そこでパパは衝撃の事実をしり、一気に怒りが込み上げて来ました。

助産師さんが「旦那さん呼ぶの忘れてた」 だって!!

呆れて怒りしかありません

 

最後に

日々成長する我が子、病気があるとはいえ一生懸命生きてます。

元気に動き回ってます。 エコーで見られてることに気づいてか顔を隠す恥ずかしがり屋さんですw

仕事で疲れても我が子のことを考えると元気が出て来て”明日からも頑張るぞー”ってなります。

子どもの存在って大きいですね。

虐待する人の気持ちがわかりません。


スポンサーリンク